<サステナビリティ>WARMBIZ「ワームビズ」

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、”WARVMBIZl”「ワームビズ」について書いています。

<もくじ>
●<サステナビリティ>WARMBIZ「ワームビズ」。
●”Equivalent Sound Level”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「Sustainability(持続可能性/サステナビリティ)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●<サステナビリティ>WARMBIZ「ワームビズ」

10年以上前に「クールビズ」が夏に実施された年の冬からだったと思います。

「クール (Cool)」に対して「ワーム (Warm)」。

 

環境省サイトより

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/

 

「サステナビリティに根差した冬を過ごしましょう」がその趣旨だと理解しています。

無駄なエネルギー消費を削減する。

 

環境省のサイト「ワームビズのポイント:衣食住のひと工夫であたたかく過ごしましょう!」を見ると、私自身でもすでに実践していることが書かれています。

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/about/

 

冬はほとんど暖房を利用しない私です。笑